「砂の美術館」

こんにちは、学園都市店の橘です。
最近急に朝、晩が寒くなったと思いませんか?
季節の変わり目は体調を崩しやすいっていいますがみなさんは大丈夫ですか?
僕は最近まで短パンで仕事していたのですが、流石に寒さを感じ始めたので衣替えいたしました。
もう秋だなーって思っていると、今年もあと3ヶ月を切ってるんですよねー(汗)
毎年1年の過ぎるスピードに驚いてしまいます。

ところで芸術の秋…っていうかブログのネタ作りの為に先日、鳥取の砂の美術館に行ってきました!
砂の美術館とは、砂像、つまり水で固めただけの砂の塊を彫る彫刻芸術です。
簡単に言えばみなさん子供の頃誰しも一度は公園などの砂場で砂遊びをした経験はあると思います。

それをとんでもない完成度に仕上げた芸術作品です。
毎年テーマがあり今年は「砂で世界旅行・アメリカ編」です。アメリカにまつわる作品が数多くありました。
1 2
自由の女神やマリリンモンローなんて実にアメリカらしい作品でした。
3
すごく繊細な作品ですが毎年テーマが変わるのでこれらの作品を見れるのは今年だけ。
素材が砂である為、制作中から完成後も常に崩れる危険が付きまとうそうです。

もちろん砂なので永遠に保存することもできませんので今年が終わればただ崩すだけです。
一見の価値ありだと思いますので身近で芸術を感じたい方はぜひ行ってみて下さい。